• 上品な人間になろうじゃないか。
  • 志を立てる。
  • 努力〜工夫〜継続

お知らせ

これからの「勉強」の話をしよう
きみは何のために勉強しているのだろう?
投稿日:2018年1月1日
夏季集中特訓のお知らせ
この集中特訓は、生徒募集のための「お祭り」ではなく、学力を高めるための「学びの場」です。中1~3の塾生(予約生などを含む)が対象です。
投稿日:2018年6月15日
2018 一学期生 予約受付中 
開講クラスは小6~中3。立志館の授業は、いつでも体験できます。このウェブサイトの「お問合せ」やお電話で事前にお申込みください。また保護者様のご見学も可能です。
投稿日:2018年6月1日

指導理念

上品な人間になろうじゃないか。

この合言葉の下、勉強をとおして日々自己を磨き高めてゆく。勉強が「合格」を手に入れるためのたんなる手段ではなく、「努力~工夫~継続」を重ねながら自分の可能性を拓いてゆく糧となる。
立志館が上品な人間をめざす「道場」であることを願いつつ、私自身もまた塾生のみなさんとともに日々自己研鑽を積んで参ります。

塾長
塾長/伊藤 裕之

略歴

1954年生まれ
法政大学法学部卒業
1990~2000年
旭川練成会講師/英語科主任・教務部長歴任
2000年12月
立志館創設

通常授業の時間割と特色

努力 工夫 継続

 
16:30~17:20   小6
英語
    小6
算数
 
17:30~18:20   小6
算数
    小6
英語
 
19:00~19:50 中2
数学
中3
数学
中1
数学
中2
英語
中3
英語
中1
英語
20:00~20:50 中2
国社理
中3
国社理
中1
国社理
中2
国社理
中3
国社理
中1
国社理
21:00~21:50 中2
英語
中3
英語
中1
英語
中2
数学
中3
数学
中1
数学

国/社/理の時間は、毎回一教科ずつローテイトします。

  • 土曜日の中1の授業は、30分繰り上げて18:30~21:20に行います。
  • 日曜、祝日は原則お休みです。テスト対策授業として活用することもあります。
  • 大型連休、年末年始、講習前後は一定期間休講とします。
  • 入塾後も向上心に著しく欠ける場合は、除籍処分にすることがあります。

立志館の特色

少人数制
中学生は1クラス12名、小学生は6名までの定員制です。きめ細かな指導を実践します。
また、中2・3年生の入塾基準は内申ランクE以上とさせていただきます。基準に達していない場合はご相談ください。
補習/延長授業
理解度が低いときやテスト前の準備勉強の際に、土日を活用して補習を行ったり、通常授業を延長したりします。未消化になっている学習内容の定着を図ります。
放課後自習室(中3受験対策)
毎週月/水/木の16:30~18:30を二学期以降、放課後自習室として中3受験生に開放します。基本は自習ですが、わからない箇所の質問・個別指導にも応じます。

学費

立志館の学費は全て「税込み表示」です。
補習や対策テスト、暖房費など年間の学費すべてを含んでいます。
立志館は学習塾の「適正価格」をめざします。

授業料

  • 弟妹生には割引特典があります。(兄、姉が在籍中の場合)
  • 当月最終週の入学は当月分授業料を免除いたします。
  • 8月・1月の授業料は半額になります。(集中特訓のため)
  • 途中退塾の場合の返金はご容赦ください。
小6 小6弟妹生 中1~3 中学弟妹生
¥10,000 ¥7,000 ¥20,000 ¥15,000

年間教材費 (一括納入、中3は分納)

  • 中3は入学時と8月末の2期に分けて納入していただきます。8月以降の入学の場合は、一括納入になります。
小6 中1・2 中3 入学時 中3 8月末 中3 一括
¥5,000 ¥11,000 ¥11,000 ¥10,000 ¥21,000

年間テスト費 (3期分納)

  • 中1・2は年3回の道コンを含む費用です。中3は道コンや学テ対策模試、直前連続模試など一切の模試を含みます。
  • テスト費は3期に分けて納入していただきます。
  • それぞれ入学時、8月末、1月末の納入です。
  小6 中1・2 中3
1学期 ¥2,500 ¥3,000 ¥3,000
2学期 ¥2,500 ¥3,000 ¥12,000
3学期 ¥2,500 ¥3,000 ¥15,000

春・夏・冬 集中特訓受講料

  • 小6の集中特訓は実施しませんが、この時期の道コン(小学生学力コンクール)は行います。
  • 弟妹生の夏・冬集中特訓は15,000円に割引になります。
  中1 中2 中3 中学弟妹生
¥3,000 ¥5,000 ¥5,000 各学年左に同じ
¥21,000 ¥21,000 ¥25,000 ¥15,000
¥21,000 ¥21,000 ¥25,000 ¥15,000

新年度入塾時学費

  • 入学金は不要です。
  • 今年度は一学期分テスト費はいただきません。
  • 以下の学費は、4月初旬までにお支払いいただきます。
  • 弟妹生には授業料の割引特典があります。
  小6 中1・2 中3
授業料 ¥10,000 ¥20,000 ¥20,000
教材費 ¥5,000 ¥11,000 ¥11,000
テスト費      
合計 ¥15,000 ¥31,000 ¥31,000

合格実績

過去13年間の市内普通科および高専合格者数

数字は塾生のみで、講習生を含んでおりません。

2018入試 少人数ながらみんな健闘してくれました。

  旭川東 旭川西 旭川北 旭川高専
2018 1 2 1 2
2017 0 1 2 3
2016 0 1 0 1
2015 2 1 4 3
2014 0 2 1 1
2013 2 1 2 1
2012 0 2 2 2
2011 2 3 0 1
2010 1 0 2 0
2009 3 1 2 1
2008 2 3 2 0
2007 2 2 1 0
2006 1 5 3 1

卒業生からのメッセージ

2018

旭川東高校合格
中嶋 美月さん(愛別中卒業、バレーボール部)

私は、中2から立志館に入りました。その時は北高の安全圏だったので北高に入れればよいと思っていましたが、伊藤先生に東高校に行くことを提案され東高校をめざすようになりました。最初は、私が東高校に入れるのだろうかと半信半疑でしたが、塾で教えてもらうたくさんの勉強法で学力がどんどん上がり、その事が自信につながっていきました。その勉強法のひとつが「超暗記法」で、英語の教科書の文を覚えて書いていくだけです。とても簡単なことですが、英語の文法や単語をしっかり身につけることができます。立志館に入るまでは勉強をしなければいけないという気持ちで机に向かっていましたが、入塾後はたくさんのことを理解したり覚えたりすることが達成感に変わって楽しみながら勉強をすることができました。

伊藤先生に教えていただく勉強のこと、さらにまたそれ以外の先生の言葉も本当に役に立つものばかりでした。そして良き仲間ともお互いに高め合いながら学ぶことが出来ました。

伊藤先生のもとで学べたこと、東高校に合格できたことは私の誇りです。

2017

京都大学経済学部合格
出村 和輝くん(永南中→旭川東高校)

雨垂れ石を穿(うが)つという言葉をご存知でしょうか。この言葉は、微力でも根気よく続ければ成就するという意味です。しかし、仮にもし雨垂れが石に当たらずにいたとしたらどうでしょう。当然いつまでたっても石に穴をあけることはできません。方向性の定まっていない勉強とはまさにこのことだと思います。

立志館で私は勉強の内容だけではなく、勉強法についても学びました。英語の超暗記法はその一つで、今でも私の英語学習法の基本です。私が入塾したのは小6でしたが、その時が知的な活動の原点であったと今では確信しています。また、ここ永山で立志館に入塾し、伊藤先生のもとで学べたことは幸せなことであったと思っています。根がしっかりしていれば木が高く成長するように、正しい勉強法のもとで学べば着実な学力の伸びにつながります。

伊藤先生の教えが皆さんの成長を手伝う養分となり、立志館が皆さんの成長を支える良き土壌となることを約束します。

2016

名古屋大学工学部電機電子情報工学科合格
熊崎 真仁くん(永南中→旭川東高校)

みなさんは勉強って言われると何を考えますか?  問題を解くこと?  何かを暗記すること?  これらも答えのひとつですが、共通するのは「自分の知らなかったことを知る」ということです。

僕は中学から大学の今に至るまで「勉強」というものに対する考え方は変わっていません。自分が知らなかったこと、思いも及ばなかったこと、自分にとって未知の世界を知ろうとすること、これが勉強です。問題を解く、暗記をするといったことはその「手段」であり、それがどのようにして自分を成長させているのかを忘れてはいけません。

もちろん日々の勉強はやっていて辛いこともありますし、ときには限界を感じることさえあります。そのようなときに、自分の周りに同じように取り組む仲間がいればまた頑張ることができるでしょう。

僕が通っていた立志館では勉強だけでなく人間や生き方について、世の中や世界についての知識、考え方など、これからの人生で心の糧になることを伊藤先生から教えて頂きました。共に頑張る仲間もいました。この場所で「自身の成長」のための一歩を踏み出してみませんか?

2015

小島夕佳さん

旭川東高校合格 中1から入塾
小島 夕佳さん(永南中卒業、ピアノ教室)

私の得意な教科は英語です。これは堂々と言えます。なぜこんなにも自信があるのか、それは超暗記法があるからです。教科書の本文を完璧に覚える、単純なことです。私は日常でも、ちょっと目にした英語でこの表現使えるな、と思ったらすぐに超暗していました。超暗は机の前に身構えてやるというより、苦手教科後の休憩や、歩きながら、お風呂に入りながらなどというようにやっていました。 とにかく超暗が私の自信の源です。

立志館は塾というより学校のようでした。勉強だけではなく、友達のこと、部活のこと、未来のこと、世界で起きている事件のことなどたくさんのことについて学びました。また、一人ひとりがしっかりと自分の意見を持ち主張することの大切さも学びました。

立志館は三年間、私が自分らしくいられた居心地の良い場所でした。

森内一茶くん

旭川北高校合格 中1から入塾
森内 一茶くん(永南中卒業、テニス部)

みなさんは「勉強」を何のためにするかわかりますか? 私は今でも全部はわかりません。テストでいい点を取るため? 大学に行くため? 将来、給与を多くもらうため? そのへんの考えは個人差があると思います。しかし、そんなことを一人で考えてもほとんどの人は「自分の答え」が出てこないと思います。

この立志館には「自分の答え」を出すために共に考え、悩んで、アドバイスをくれる伊藤先生がいます。私にくれたアドバイスは進路だけではなく、これからの人生に大いに役立つであろうことばかりです。この立志館で得たものは私自身だけでなく私の見える世界までをも大きくしてくれました。これからの人生を大切に生きていこうと感じさせ、思わせてくれる三年間でした。

2014

大西 雅也くん

旭川北高校合格 中2から入塾
大西 雅也くん(永南中卒業、卓球部)

立志館で学んだ日々は、私の中でとても貴重な時間です。立志館では勉強だけでなく、人生をより良いものにするための心構えを学びました。私は小さい頃から建築士になりたいという夢を持っていました。しかし恥ずかしさもあって、周囲の人には話していませんでした。ですが、塾で将来の夢の話になったとき、伊藤先生にその夢のことを伝えると、大きな夢をもって努力することはいいことだと強く言ってくれました。そしてあの世界的な建築家、安藤忠雄さんが書いた小さな本を貸してくれたのです。

高校に入ってからもいろいろな学習セミナーに、たとえ周りの友人が敬遠していても、夢の実現のためだ!と自分に言い聞かせて積極的に参加しています。立志館では心の肥やしになる多くの体験ができます。みなさんの長い人生を、立志館で学ぶ密度の濃い数年で素敵なものに変えてみませんか?

跡部 麻衣さん

旭川西高校合格 中1から入塾
跡部 麻衣さん(永南中卒業、ピアノ教室)

私は中1の春から立志館に通い始めました。伊藤先生に教えていただいたことはたくさんありますが、なかでも英語の「超暗記法」が私の英語力を高めてくれたと思います。英語の教科書の英文を暗記してそれを書ける力にまで持っていくという、一見単純な勉強法ですが、繰り返し覚えていくことで英語の力がどんどんついていきます。この超暗は、高校生になった今でも活用しています。

また伊藤先生は私たち生徒ともとても仲が良く、勉強以外にもいろいろな話をしてくれました。宇宙のこと、世界のこと、日本のこと、人間のこと。私たちがいろいろなことに興味を持ったりすることに役立ったと思います。三年間、立志館で学ぶことができて、本当によかったと思っています。

2013

出村 和輝くん

旭川東高校合格 小6から入塾
出村 和輝くん(永南中卒業、硬式テニス)

「超暗記法」。これは、英語の言語感覚が正しく身に着く学習方法です。私は、小6から立志館に通い「超暗記法」を実践していたので、中学校の英語では勿論のこと、高校生になった現在でも、英語なら誰にも負けない自信があります。英語が得意なおかげで、他教科の学習時間に余裕が生まれ、部活動や学校祭などの行事にも思う存分打ち込むことができていると思います。そして、英語は大学受験や就職等の進路の幅を大きく拡げてくれる重要なツールだと考えています。

英語は早いうちから勉強法を知り取り組んだ人が絶対に有利な科目なので、1年でも早くスタートすることをお勧めします。また、立志館ではいつも、私たちにその先にある自分の人生についても考えるヒントを与えてくれました。その中でも、「日々成長、日々努力」という一言は、伊藤先生の後ろ姿とも重なって、私のかけがえのない大切な言葉となっています。

熊崎 真仁くん

旭川東高校合格 小6から入塾
熊崎 真仁くん(永南中卒業、卓球部)

皆さんは「勉強」をどのようなものだと考えていますか?私は「自らを高める手段」だと考えています。私は勉強が好きではありません。しかし、将来の「夢」を叶えるため、また自らを高め「上品な人間」になって自分の世界を広げるために勉強をしています。「夢」が勉強への原動力となっているのです。

私は小学6年生から立志館に入りました。立志館には「超暗記法」という英語勉強法があります。英語勉強法と書きましたが、高校に行くと英語だけでなく古典など他の教科にも役立ちます。また、先生が話す社会というものについての話、人生観などは、それまでそのようなことに疎かった自分たちを成長させてくれます。さらに、先生の言葉は私たちに生きる上で大切なことを教えてくれます。さあ、あなたも立志館に入って「上品な人間」をめざしませんか?

アクセス

永山立志館地図
所在地
〒079-8419
旭川市永山9条5丁目4-2 SK.BLD2F
phone
0166-49-1570

ページの最上段に戻る